道楽オヤジの田舎ライフ

巷のおされな“ちょい不良オヤジ”とは無縁の素朴でお気楽なオヤジ=与し作。彼が地元信州の自然を堪能する日々の生活を息子=cobyが綴る。山菜、魚捕り、畑作、狩猟など都会では決して味えないまさに田舎ライフ!

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イ・ノ・シ・シって

2006年02月23日(Thu) 01:27:39

20060223000212.jpg


宮崎駿の映画って最初は娯楽的にしか観てなかったけど、“もののけ姫”を観た時にその奥にある人間界と自然界との関わり方や人間の愚かさや動物にもあるだろう“意思”というものをすごく感じたのを覚えている。
ここ最近野生動物が街に出没する事件が多発しているが、動物にとって大雪による餌不足で人里に近づくしかないのだろうが、それ以上に人間が自然を自分たちに都合の良いように開発することで動物の行き場を無くしていることが最大の理由なんだと思う。

今回、与し作と仲間たちで以前から目撃され地域で警戒されていた大型の“イノシシ”を仕留めてきたというので写真を見せてもらうと、あまりの大きさに驚いた。「こんなにデカイんだ!!」本当に宮崎映画の中の“イノシシ”のようだった。でもそれと同時にコイツも行き場を無くして里に下りてきてしまったんだと思うと何だか複雑な気持ちになった。
当の与し作ときたら、これまでの狩猟人生で最大の獲物を仕留めたものだから意気揚揚とその時の一部始終をリアルに解説してくれた。
いつもならその後の“鍋の味”でも想像しながら楽しく与し作の話を聴くオレだけど今回ばかりは宮崎映画の教訓を思い出してあまり愉快な気分にはなれなかった。

後日、ちゃんと”イノシシ鍋”にして与し作流の供養をした。
「うまかった!」・・・オレもやっぱり愚かな人間の一人だ。

ランキングに参加中。もしよかったら一押しお願いします。

スポンサーサイト
前の記事
今年の初物
次の記事
手作りの道具

コメント

イノシシ鍋
こんにちはー。
コメントありがとうございます。
イノシシ鍋食べてぇ~。
俺も愚かな人間の一人だ(笑)
by BunaPopo
URL
2006-02-24 金 00:37:16
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fieldexpert.blog48.fc2.com/tb.php/7-02301a78
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。