道楽オヤジの田舎ライフ

巷のおされな“ちょい不良オヤジ”とは無縁の素朴でお気楽なオヤジ=与し作。彼が地元信州の自然を堪能する日々の生活を息子=cobyが綴る。山菜、魚捕り、畑作、狩猟など都会では決して味えないまさに田舎ライフ!

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

線香とたくあん

2006年06月12日(Mon) 13:15:51

20060612123124.jpg

やっと記事を書くことができた。
実は最近、与し作の兄=安茂里のオジサンが亡くなり慌しい日々を過していたのだ。亡くなった安茂里のオジサンは9人いる与し作の兄弟の中で一番ワイルドでタフで人望の厚い人だった。それに与し作が一番気の合う兄弟だった。
オレも小さい頃一緒に山に行っては、はちの子やヘビなどを獲っては食べさせてもらったものだ!

葬式の当日、いろんなお斎の食事があるにもかかわらず与し作から酒と酢で漬けた“たくあん”がみんなに振る舞われた。
予想以上に好評ですぐに食べ尽されてしまった。
まだ有るのなら分けて欲しいとか漬け方を教えて欲しいなど、オバたちは葬式そっちのけだった。
オイオイ、今は葬式だぞっ! オレは呆れてしまった。

実はこの“酒酢漬けたくあん”、安茂里のオジサンの大好物だったのだ。
与し作は伯父が具合悪くなり入院してもコレを差し入れてた。
たかが“たくあん”、でも伯父はよろこんだらしい。

弔いの気持ちで振る舞われた“たくあん”がみんなにもよろこんでもらえたので、与し作は満足そうだった。

線香の香りの中で食べた“たくあん”。
これからコレを食べると安茂里のオジサンを思い出すんだろうな?!

※騙されたと思って一度やってみて欲しい!
普通のたくあんを酒と酢同量の中に一晩漬けるのみだから!!

応援して頂ければ、幸いです。
20060217010615.gif

20060223235407.gif
スポンサーサイト
前の記事
また味噌汁になっちまった!
次の記事
ごった煮?味噌汁?

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fieldexpert.blog48.fc2.com/tb.php/31-ae092329
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。