道楽オヤジの田舎ライフ

巷のおされな“ちょい不良オヤジ”とは無縁の素朴でお気楽なオヤジ=与し作。彼が地元信州の自然を堪能する日々の生活を息子=cobyが綴る。山菜、魚捕り、畑作、狩猟など都会では決して味えないまさに田舎ライフ!

スポンサーサイト

--年--月--日(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オヤジの道具

2006年04月19日(Wed) 00:28:32

20060418212939.jpg

20060418212950.jpg

雪の無い時期、与し作が山に入る時の必携品がこの“びく”である。雪の時期は例の“チョッキ”が同じ仕事をすることになるのだが、むかしからなんであんな“柴刈りジイサン”の様な籠を持っていくのか?なんでバックパックやデイパックなどのスタイリッシュなものを使わないのか不思議でしかたなかった。
田舎のオヤジの持ち物だからカッコよりも使い勝手重視なのは当然だが・・。

今日たまたま玄関先に置いてあったものを写真に撮ってみた。
ただ、細かい部分までよく見るとそのディテールに感心する。
口はなるべく引っかからないように円になっていてその上にビニール素材で滑りを良くし、底は置いた時に安定するように四角い!
肩掛けの付け根はねじれ防止になっていて、長時間背負っても痛くないように色布で編みこんでパッドになっている。
そして一番重要なのが、籠状だということ。デイパックなどの布素材は形状が安定しないから、キノコや山菜などデリケートな収穫物を詰め込んだ時にそれぞれが潰れてしまうのだ!そのうえ、水気の多いものは自然に網目から水分が落ちていき、通気性もいいので鮮度を保てる。おまけに鎌なんかを入れても危険性が無い!

カッコ良く書いてはいるが、たかが“カゴ”。
されど、山に入るならやっぱりこの“びく”に勝る道具は無いのだ!!
田舎のオヤジのクルマの中には必ず“びく”が一つころがっているはず。

毎度のことながら、一票お願いできますか?!
20060217010615.gif

20060223235407.gif

スポンサーサイト
前の記事
おやつor一品料理?
次の記事
塩を畑に!!

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://fieldexpert.blog48.fc2.com/tb.php/19-79989c48
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。